First Penguin

知識をまとめ、人の目標をサポートするブログ

はじめに

このブログは

自身が今まで学んできたこと

培ってきたことをまとめ

少しでも人の役に立てれば良いなと

思い書いております。

夢や目標を諦めてしまう人が

諦めないでいられるように

見ていただいた方の人生の選択肢を

少しでも増やすことができれば

これ以上の幸せはありません。

f:id:HeppokoZamurai:20190825235841p:plain

Heppoko Coffee House

一杯のコーヒーを通して、目標に向かって日々頑張る人の背中を押したい。

自家製ブランド販売予定。実現に向け現在準備中です。

f:id:HeppokoZamurai:20190721224750p:plain

アルマドールFC

仲間と立ち上げたフットサルチーム。

「フットサルを通して人生を楽しむ人を増やすこと」を理念に活動しています。

フットサル

 

大阪でコーヒー豆の自家焙煎ができるシェアロースター「HOOP」を利用しました!

シェアロースターとは?

その名の通り、コーヒー豆の焙煎を行うロースターをシェアすることで、一部コーヒーカルチャーが根付く地域では当たり前のように浸透しているもののようです。

 

そもそも業務で使用する焙煎機は一台数百万円するのが普通で、趣味で焙煎をしようという人にとっては到底手の届かない代物です。しかし、このシェアロースターを利用することで手軽に焙煎を行うことができるのです。

 

HOOPとは?

まだまだ国内に浸透していないシェアロースターですが大阪の南船場にそのパイオニア的存在のお店が存在していました。それが今回利用させていただいた「HOOP」です。

 

hoop.coffee

 

「コーヒーで世界をつなぐ。」という理念を掲げ、これまでになかったコーヒーカルチャーを日本で体現しているように感じます。また、世界中の生産者やバリスタを繋ぎ、日本国内のコーヒー好きを繋ぐ活動をされています。

 

利用に当たって初回はスターターパックの受講が必要です。こちらは10800円で受講可能で、コーヒーの基礎的な知識やカッピングのやり方、そして焙煎機を使ったローストの方法を細かく教えていただけます。

 

内容は人それぞれにあうようにカスタマイズしてもらうことが可能で、私のような素人にも分かりやすく、かつ日々のコーヒー選びが楽しくなるような知識を教えていただけます。

 

カッピングとロースティングを体験

カッピングの講義では複数種類の豆の飲み比べを行いました。それぞれ産地や精製方法の違いによって香りや味が全然違い、改めてその奥深さを体験することができました。

 

f:id:HeppokoZamurai:20190914190116j:plain

 

ロースティングでは、カッピングで気に入った豆を使い実際に自分で焙煎を行いました。多くの焙煎家に愛用されている「Cropster」というWEBサービスを使用し、焙煎の温度や時間を調節しながら本格的な体験ができます。

 

「Cropster」とは焙煎機に繋ぐことで焙煎時の温度や時間を記録できるソフトで、独自の焙煎プロファイルを作ることが可能です。

www.cropster.com

 

大きな焙煎機の横でPCと睨めっこしながら焙煎を行う過程はまるでプロの焙煎士になったような気分で、めちゃくちゃ楽しかったです・・!!

f:id:HeppokoZamurai:20190914190144j:plain

 

なぜわざわざ自家焙煎をするのか?

現代はスーパーやコンビニ、スタバなどで気軽に美味しいコーヒーを飲むことができます。それでも物足りないコーヒーLoverであればこだわりのスペシャリティコーヒーをサーブしてくれたり販売しているコーヒースタンドがあります(最近急速に増加傾向)。

 

そんな美味しいコーヒーを手軽に手にできるこの時代に「なぜわざわざ自分で焙煎をするのか?」。

 

きっと人によって意見は変わると思いますが、ここでは私の考えをシェアさせていただきます

 

① 自分の好みの味を作れる

人それぞれ異性の好みや服や音楽の好みが違うように、コーヒーの味の好みも違います。日々の小さなことですが自分の好きなコーヒーの味にこだわることは自分のスタイルを確立することに繋がると思います。人がその日の気分によってファッションを変えるのと同じようにコーヒーの味も変えて良いのではないかと思います。

 

② 人の好きな味を作れる

誰かのために何かを作ることは人間の本質的な幸せに繋がると思います。大事な人のために料理を作ったり、誕生日を迎える親友を驚かせるためのサプライズ企画を作ったりすることは楽しいものです。自家焙煎で思い通りのコーヒーの味を作り人に振舞うことは自身や周りの人を絶対幸せにします。

 

自分の好きな味を楽しむひとときや人のための何かを作る過程には小さな幸せが生まれます。私たちの人生には大きな幸せより小さな幸せの方が確実に多いです。

 

仕事の合間に、作業の息抜きに飲むコーヒーが変われば人生が大きく変わるのではないでしょうか?

 

シェアロースターで生まれる新たな可能性

すでに日本でも浸透しつつあるシェアオフィスと考え方は似ていると思います。プロの焙煎士も普通のコーヒー好きも集まる空間、そこではコーヒーを飲んで楽しむ人やこだわりの焙煎を探求する人など様々な人がいるかもしれません。

 

そんな様々なバックグラウンドを持つ人たちがコーヒーという共通の項目で繋がって世の中に新しい流れを生み出していく、そんな場所にこれからシェアロースターはなっていくと思いますし、なって欲しいと思います!

 

興味を持った方はぜひ一度体験してみてください!

 

おわり

【おすすめ】大阪の日常に溶け込む小さなコーヒースタンド Mel Coffee Roasters

大通りに面したオープンな雰囲気

Mel Coffee RoastersさんはBrutusという雑誌のコーヒー特集で見つけたお店の一つで、ハイクオリティなスペシャリティコーヒーが飲めるお店です。場所は心斎橋駅から徒歩10分ほど歩いたところにあります。

melcoffee.stores.jp

 

お店は大通りに面した場所にあり、ドアがオープンで店内が遠くから見えるような開放的な作りになっていました。

 

お店の前にはコーヒー片手におしゃべりする人が何組かいて、普段よく行くクローズなカフェと違い大通りも巻き込んだとてもオープンな雰囲気がありました。

 

f:id:HeppokoZamurai:20190907184708j:plain

待ち時間に自然と会話が生まれる空間

 店内に入ると「こんにちは」と店員さんが気持ちよく声をかけてくださいました。そしてコーヒーの好みや豆の種類を細かく説明していただきながらオーダー、挽きたての豆の良い香りに包まれながら抽出してくれるのを待ちます。

 

その待ち時間、「今日はお出かけですか?」「どちらからいらしたんですか?」とお店の人と世間話。そして抽出を待っているお客さん同士でも「最近暑いですね〜」「よく来るんですか?」など自然と会話が生まれました。

 

f:id:HeppokoZamurai:20190907184912j:plain

 毎日の心のすきま時間になる 

まさにその空間はコーヒーを飲む場という概念を超えて、人々の交流の場になっていました。

 

仕事の合間に、買い物帰りに、ふらっと立ち寄って美味しいコーヒーを片手にちょっとした世間話をして「ごちそうさま」をしたら「また来るね」と帰って行く。

 

カフェで座ってのんびりとは違う、人生の心のすきま時間になるような空間でした。

 

コーヒースタンドが日常にある幸せ

f:id:HeppokoZamurai:20190907185154j:plain

カフェのように店内でのんびり過ごすのも良いですが、Mel Coffeeさんのように空間を皆んなでシェアして世間話ができる環境も凄く良いなと思います。

 

何かに追われている日々の生活の中で、ホッと一息つける場所であり、「よし頑張ろう」と心を充電できる場所、それがコーヒースタンドの素晴らしい点です。

 

皆さんの家の近所や仕事場の近くにはコーヒースタンドがありますか?もし無ければ探してみてはどうでしょう。駅から仕事場へせわしなく向かう人生にコーヒースタンドと言う休憩所をもつだけで人生が大きく変わるはずです。

 

おわり

 

【おすすめ】渋谷のコワーキングスペースには最高のエスプレッソ専門店があった!

f:id:HeppokoZamurai:20190828003658j:plain

敷居の高そうなコワーキングスペースだが

プログラマーやデザイナーなどクリエイティブな仕事をしてそうな人がMacとにらめっこして黙々と作業をしている。

 

あくまで私のイメージですが、コワーキングスペースというとなんだか敷居の高いイメージがありました。場違いな気がしてどうも行きずらい・・・。

 

先日、縁あってお手伝いさせてもらっているNPO様の活動で少し作業がしたく、思いきって渋谷のコワーキングスペースへ行ってみました。

 

頻繁にいくことはないだろうから会員制ではなく、気軽に入れる雰囲気でできれば美味しいコーヒーでも飲めれば良いな〜なんて勝手な妄想を膨らませながら調べていると、なんと良さそうなところがありました!

 

ありそうでなかったを叶えてくれる空間

COHSA SHIBUYA

www.cohsa.com

 

ワンフードもしくはワンドリンク+30分ごとに100円というお手頃価格。

 

そして併設されるカフェはエスプレッソ専門店として代官山に1号店を構える、「PELLS COFFEE STAND」があります。

 

贅沢。

www.pells.jp

 

時間単位で場所代を払っているため、混み合ったカフェで作業する際の居心地の悪さもなく、美味しいコーヒーを楽しむことができます。

 

私が感じた一番の魅力は1Fにドロップインスペースがあるので本当にふらっとカフェに入るような感覚で立ち寄ることができること。

 

バリバリお洒落な仕事をしないと入れない!(勝手な妄想)という感じではなく、ちょこっと作業するしたい人は気軽に立寄ってね〜という感じがすごく良かったです!

 

f:id:HeppokoZamurai:20190828003900j:plain

エスプレッソの奥深さ

 エスプレッソのアレンジにこんなにも種類があったとは・・・!?

 

専用のマシンで抽出したエスプレッソのストレート、ミルクで割ったカフェラテくらいしか飲んだことがありませんでした。

 

エスプレッソアレンジの種類

エスプレッソに加えるミルクの量や種類によっても名前が変わってくるようです。

 

濃厚な苦味を楽しみたい人はミルク少なめのメニューを、逆にマイルドな味を楽しみたい人はミルク多めのメニューを選ぶと良いでしょう。

dailynewsagency.com

 

私が注文したのはコルタードのアイス。

 

エスプレッソにミルクを半々くらいになるように加えたもので、通常のカフェラテよりエスプレッソストレート寄りの苦味を味わえます。

hackcoffeebeans.com

 

せっかくなら美味しいコーヒーを飲みたいのは皆同じ

PELLS COFFEE STANDでは様々なエスプレッソアレンジを楽しめるほか、こだわりのオーガニックソイ「BON SOY」を使用しているそうです。

 

 集中して作業するためには適度な息抜きが必要。お供のコーヒーは集中力を高めてくれたり気分を上げてくれたりと大きな役割を果たします。

 

せっかくなら美味しいコーヒー飲みながら作業しませんか?

 

おわり

理念と個人の目標を掛け合わせ、今までにない面白いチームを作る

f:id:HeppokoZamurai:20190902230336j:plain


今までのチームの在り方とは?

私たちは、中学や高校の集団行動の中で、あるいは部活という教育環境の中でチームというものを経験してきました。

 

そんな我々の考えるチームとは何か?

 

私は高校までサッカー部に所属していました。そんなサッカー部の中で、強豪校と呼ばれる部類の集団の大半は規律を重んじる体質を持っています。

 

そしてその厳しさに耐え、心身共に強くなった屈強な選手を多く世の中に送り出しています。

 

それで選手はどうなりたいのか?

厳しい環境で努力し、心身ともに鍛え上げることも重要です。しかし、選手自身がどう在りたいのかを考えることも大切なことです。

 

何故なら選手はそのチームにずっと居る保証はないからです。

 

アルマドールというチームは選手にずっと居てほしいとは思いません。選手には自身のありたい姿を実現する力をいち早く身につけてほしいです。

 

もっと上のリーグでプレーしたい選手にはその実力とチャンスを、自分の理想のチームを作りたい選手にはそのノウハウと人脈をアルマドールにいる間に身につけてほしいと願っています。

 

多様性を認めるとチームはどうなるのか?

多様性を尊重することと個性を重視することは一見相反するように思えます。

 

実際、自由を重んじて様々な意見を持った選手が集まるチームは統率を取ることが非常に困難です。

 

そこで最低限共有しておく全員の思考の核となる「理念」の部分だけは尊重しておく必要があります。

 

そうすれば何か判断を迫られた時でも「理念」を実現するためにこれはやる・やらないという判断が下せます。

 

その上で、個々人のもつ「ありたい姿」を実現するためにチームで何を身につけられるか、チームとして選手たちに何を提供していくことができるかを考えることが重要です。

 

面白いチームとはどんなチームか?

私は面白いチームとは、様々な考え・スタイルを持った全くジャンルの違う人々が本質的なところでは共通の理念を共有し、お互いに良い干渉を与えながら進んでいけるチームのことだと思います。

 

アルマドールにも様々な選手がいます。しかし、ひとりひとりの目指したい姿を共有し、お互いの夢や目標をサポートし合えるようなそんなチームを作っていきたいと思いっています。

 

おわり 

ビジネスでもスポーツにも共通する良いチームとは何か

f:id:HeppokoZamurai:20190902230741j:plain


 チームについて今一度考えてみよう

世の中には無数の”チーム”があります。その在り方は多様であり、趣味で行うスポーツのチームから仕事としてプロとしてのチームなど様々です。しかし今一度考えたい。チームとはなんでしょう?

チームとはただの集団ではなく、「ある目的のために集まった集団である」

そう紹介しているのは「チームワーク溢れる社会を作る」を企業理念として掲げているサイボウズ株式会社のブログです。

 

teamwork.cybozu.co.jp

 

つまり、なんとなく集まった集団ではなく、目的を持ちそれを共通の理念として実現を目指す集団がチームであるということです。

 

漢字連想ゲームとチームの意味

以前参加したセミナーで面白いゲームをしました。それは、漢字連想ゲーム。あるお題に対し思いつく漢字を紙に書き出していくというものです。最初は個人でそのあとチームで同じことをします。結果、個人で思いついた漢字の数に対してチームで出した漢字の数の方が圧倒的に多かったのです。つまり何が言いたいかというと、個人でやるよりもチームでやる方がより多くのアイデアを生み出せるということです。

 

このように、個人でやる方が一見早そうなこともチームで取り組むことでより大きな成果をあげることができるのです。

 

チームとモチベーションの関係

チームとはある目標に対して協力して取り組む集団であるものの、決して同質の集団とは限りません。例えば、ある大会の優勝を目標に掲げているチームがあるとします。メンバーは大会優勝という目標を共有し協力して日々練習に励んでいます。しかし、大会優勝を目指すモチベーションは各々違う可能性があります。優勝してプロのスカウトの目に留まりたい人、学生最後の思い出に優勝したい人、好きな女の子の前で良い格好がしたくて優勝したい人など動機は様々です。

 

このように全く異なったモチベーションを持ったメンバーを束ね、日々モチベーション高く励む環境を整えることがチーム運営で最も大切なことだと言えます。

 

良いチームを作るためにどうするか

良いチームとは、「同じ理想を持ち協力しあってそれを実現する集団、そしてその過程に置ける取り組みを常にモチベーション高く全員で実行できるチーム」だと思います。

 

そのようなチームを作るためのポイントは以下3点、

 

  1. チームの理念を決め、ひとりひとりへそれに共感してもらう努力をすること。
  2. チームで取り組む重要性を理解し協力し合う文化を作ること。
  3. 定期的にメンバーと1on1で話し、ひとりひとりのモチベーションの源泉を理解すること。

 

下記リンクに「リンゲルマン効果」のことが記されています。人数が増えれば必ずサボる人間がいる。チームの目標の他に個人の目標を立てる重要性について書かれています。

psychological-tactics-1.com

 

仕事でも趣味のスポーツでもチームビルディングは永遠の課題です。また決して正解というものもなく自身のチームに合った形を模索していくことが大切です。

 

おわり

フットサルを初めてすぐに感じたサッカーとの決定的違い

f:id:HeppokoZamurai:20190902230917j:plain


フットサルは5人制サッカーなのか?

国内最高峰のフットサルリーグであるFリーグが2019/2020シーズンキャッチフレーズとして「最強の5人制フットボール」が物議を醸していたことは記憶に新しい。フットサルのプロリーグとしての自覚がないなど批判の声も多く、改めてサッカーとフットサルの関係の曖昧さが露呈する形となってしまいました。日本では高校までは部活でサッカーをやって大学からフットサルを始めるという人が圧倒的に多いです。そのためサッカーを気軽に楽しめるものという位置づけから抜け出せずにいるのが現在のフットサルの苦しい点だと思います。

 

チェスと将棋は同じ競技か

ではフットサルは本当にサッカーと同じなのか、答えは全くもって「NO」です。フットサルとサッカーは足でボールを扱う点で性質は似ているもののルールも違えば競技人数も違う、全く違うスポーツだと行っていいでしょう。チェスと将棋を同じスポーツだと思いますか?答えは「NO」だと思います。変な例えかもしれませんがフットサルとサッカーはそのくらい似て非なるものなのです。

 

フットサル特有の技術

足裏やトーキックを頻繁に使用するプレースタイルはフットサル特有の技術だと言えます。これらは狭いピッチの上で正確に速くボールをコントロールするために浸透した技術です。また、流れの中でボールを自在に動かして行くサッカーと違い、フットサルはサインプレーを多用します。これはバスケに似ている点で、とにかくスペースが無い状況で効率よく点を取るために進化してきた技術だと言えるでしょう。このようにフットサルは狭いコートでいかにスペースを生み出しながら正確なプレーでゴールを奪えるかを突き詰めたスポーツと言えるでしょう。

 

フットサルとサッカー文化の決定的な違い

サッカーはイギリスから日本に伝わり、教育の一環として広く浸透しました。そのため、部活などでは競技そのものよりも人間性を育てることに重点が置かれています。一方フットサルは2002年日韓W杯の熱狂に感化された人々の「フットボールを気軽にプレーしてみたい」との思いから急速に普及しました。つまり、遊びの中から生まれた競技であり教育とは切り離して考えられています。純粋にそのスポーツを楽しみ、プレーに熱狂するという意味では、スポーツと教育を同一軸で考える日本のスポーツ文化としては全く新しいものと言えるのです。

 

おわり

 

行きつけの店ってなんだ?を探るため豆こねくとに通った話

f:id:HeppokoZamurai:20190828003320j:plain

行きつけの店ってなんだ?

仕事終わりに行きつけのBarで一杯。なんだか良い感じですよね。でも行きつけの店ってなんなんでしょう?

 

イギリスで通った図書館のカフェ

私は大学の時、イギリスのレスター大学に留学していました。そこで当時よく通っていた図書館のカフェがあリました。

 

「そこに行けば誰かいる」そんな感情から私は図書館のカフェで勉強することがいつも楽しみでした。カフェにはいつも友人の誰かがおり、楽しいおしゃべりや居心地の良さがありました。言語も文化も違う遠い異国で一人生活する中で孤独を感じることも多くありましたが、行きつけのカフェがそんな気持ちを支えてくれていました。

 

ローカルコーヒースタンド、豆こねくと

 

今住んでいる家の近くに、住宅街の真ん中に店を構えるコーヒースタンドがあります。

 

コスタリカ留学中だったオーナーが地元のコーヒーカルチャーに感動し、「コスタリカコーヒーを日本に届けたい」そんな熱い気持ちから開業されたお店だそうです。

 

何度か通っているうちに自然と店員さんとも顔見知りになり、週末に友人の家に遊びに行くような感覚でコーヒーを飲みに行きます!

 

人と人をつなぐ場

Barやカフェというのは美味しいお酒やコーヒーを楽しむ場ですが、それ以上に人と人を結びつけるかけがえのない場でもあります。

 

地元にある何気ないカフェも行きつけの人にとってはいつもの店員さんと友人のいる憩いの場かもしれません。最初は勇気が入りますが、気に入ったお店があれば是非何度も通って、自分の行きつけのお店にしちゃいましょう!

 

きっと人生が何倍も豊かになるはずです。

 

www.mame-connect.com

 

おわり