First Penguin

知識をまとめ、人の目標をサポートするブログ

大阪でコーヒー豆の自家焙煎ができるシェアロースター「HOOP」を利用しました!

シェアロースターとは?

その名の通り、コーヒー豆の焙煎を行うロースターをシェアすることで、一部コーヒーカルチャーが根付く地域では当たり前のように浸透しているもののようです。

 

そもそも業務で使用する焙煎機は一台数百万円するのが普通で、趣味で焙煎をしようという人にとっては到底手の届かない代物です。しかし、このシェアロースターを利用することで手軽に焙煎を行うことができるのです。

 

HOOPとは?

まだまだ国内に浸透していないシェアロースターですが大阪の南船場にそのパイオニア的存在のお店が存在していました。それが今回利用させていただいた「HOOP」です。

 

hoop.coffee

 

「コーヒーで世界をつなぐ。」という理念を掲げ、これまでになかったコーヒーカルチャーを日本で体現しているように感じます。また、世界中の生産者やバリスタを繋ぎ、日本国内のコーヒー好きを繋ぐ活動をされています。

 

利用に当たって初回はスターターパックの受講が必要です。こちらは10800円で受講可能で、コーヒーの基礎的な知識やカッピングのやり方、そして焙煎機を使ったローストの方法を細かく教えていただけます。

 

内容は人それぞれにあうようにカスタマイズしてもらうことが可能で、私のような素人にも分かりやすく、かつ日々のコーヒー選びが楽しくなるような知識を教えていただけます。

 

カッピングとロースティングを体験

カッピングの講義では複数種類の豆の飲み比べを行いました。それぞれ産地や精製方法の違いによって香りや味が全然違い、改めてその奥深さを体験することができました。

 

f:id:HeppokoZamurai:20190914190116j:plain

 

ロースティングでは、カッピングで気に入った豆を使い実際に自分で焙煎を行いました。多くの焙煎家に愛用されている「Cropster」というWEBサービスを使用し、焙煎の温度や時間を調節しながら本格的な体験ができます。

 

「Cropster」とは焙煎機に繋ぐことで焙煎時の温度や時間を記録できるソフトで、独自の焙煎プロファイルを作ることが可能です。

www.cropster.com

 

大きな焙煎機の横でPCと睨めっこしながら焙煎を行う過程はまるでプロの焙煎士になったような気分で、めちゃくちゃ楽しかったです・・!!

f:id:HeppokoZamurai:20190914190144j:plain

 

なぜわざわざ自家焙煎をするのか?

現代はスーパーやコンビニ、スタバなどで気軽に美味しいコーヒーを飲むことができます。それでも物足りないコーヒーLoverであればこだわりのスペシャリティコーヒーをサーブしてくれたり販売しているコーヒースタンドがあります(最近急速に増加傾向)。

 

そんな美味しいコーヒーを手軽に手にできるこの時代に「なぜわざわざ自分で焙煎をするのか?」。

 

きっと人によって意見は変わると思いますが、ここでは私の考えをシェアさせていただきます

 

① 自分の好みの味を作れる

人それぞれ異性の好みや服や音楽の好みが違うように、コーヒーの味の好みも違います。日々の小さなことですが自分の好きなコーヒーの味にこだわることは自分のスタイルを確立することに繋がると思います。人がその日の気分によってファッションを変えるのと同じようにコーヒーの味も変えて良いのではないかと思います。

 

② 人の好きな味を作れる

誰かのために何かを作ることは人間の本質的な幸せに繋がると思います。大事な人のために料理を作ったり、誕生日を迎える親友を驚かせるためのサプライズ企画を作ったりすることは楽しいものです。自家焙煎で思い通りのコーヒーの味を作り人に振舞うことは自身や周りの人を絶対幸せにします。

 

自分の好きな味を楽しむひとときや人のための何かを作る過程には小さな幸せが生まれます。私たちの人生には大きな幸せより小さな幸せの方が確実に多いです。

 

仕事の合間に、作業の息抜きに飲むコーヒーが変われば人生が大きく変わるのではないでしょうか?

 

シェアロースターで生まれる新たな可能性

すでに日本でも浸透しつつあるシェアオフィスと考え方は似ていると思います。プロの焙煎士も普通のコーヒー好きも集まる空間、そこではコーヒーを飲んで楽しむ人やこだわりの焙煎を探求する人など様々な人がいるかもしれません。

 

そんな様々なバックグラウンドを持つ人たちがコーヒーという共通の項目で繋がって世の中に新しい流れを生み出していく、そんな場所にこれからシェアロースターはなっていくと思いますし、なって欲しいと思います!

 

興味を持った方はぜひ一度体験してみてください!

 

おわり