へっぽこ侍 Blog

人生の選択肢が広がるブログ

これだけは揃えたい!ハンドドリップする時に必要な道具をまとめました

f:id:HeppokoZamurai:20200815121833j:plain

 
自宅でハンドドリップに挑戦したいけど、何を準備すればいいの?
 
そんな疑問にお答えします!
 
私は2年間ほぼ毎日コーヒーを淹れ続けました。
そんな私の個人的おすすめ器具とその理由をわかりやすくお伝えします!
 
 

1. コーヒードリッパー

 
まずはこれがないと始まりません。
 
素材は様々ありますが特に気にする必要はありません。
 
 
形状は大きくわけて2種類、台形と円錐形があります。
結論から言うと、コーヒードリッパーは円錐形を選びましょう!
 
台形に比べ、円錐形は穴が大きい+中央にあります。そのためお湯の落ちる速度が早く、お湯を注ぐ量によって抽出時間をコントロールすることが容易にできるのです。
 
抽出時間をコントロールすることで毎回安定した味を作ることができます。
 

おすすめはハリオのV60シリーズ

 
下記のハリオV60が特におすすめです!
 
V60の抽出風景が下記の動画で紹介されていますので、使用感を確かめたい人は是非ご覧ください!
 
また、ハリオV60はとても有名で多くの方に愛用されており、中にはスターウォーズとコラボしたアイテムもあるようです。笑

2. コーヒーポット

 
鍋でお湯を沸かしてそのままドリッパーに流し込んでも良いのですが(よくない)、なるべくコーヒーポットは買いましょう。
 
そしてコーヒーポットは注ぎ口の細いものを選んでください。
 
理由は1つだけ、注ぐお湯の量をコントロールしやすいためです。
 

1~2人前でおすすめのコーヒーポット

 
1~2人前であればKslongがおすすめです!
ボディも小さいため投入するお湯の量を細かく調整ができます。
 

3~5人前のおすすめコーヒーポット

 
もし3~5人前を淹れるのであれば下記ハリオV60のポットがおすすめです。
 

憧れのコーヒーポット

 
そして贅沢を言えば下記バルミューダの電子ケトルが超絶おすすめです。
良いお値段なので検討が必要ですが、他の用途でも汎用性が高いので買ってみてもよいかもしれません。
 
また下記の動画でコーヒーポットの選び方がめちゃくちゃ詳しく解説されているので、もっと知りたい!という方は是非見てください! 

3. ドリップスケール

 
コーヒーを抽出するだけなら必須ではありません。
しかし、美味しいコーヒーを飲みたいのであれば必ず準備しましょう。
 
コーヒーは「分量」と「時間」が命です。
 
そのため豆の量やお湯の量を常にドリップスケールでわかるようにしておきましょう。
 

コスパ抜群!ドリップスケールもやはりハリオV60シリーズがおすすめ

 
ドリップスケールは重さと時間を同時に測れるハリオV60ドリップスケールがおすすめです!
 
 

4. コーヒーサーバー

 
最後にコーヒーサーバーですが、こちらは何でも良いです。
 
ただしドリッパーを平行に置けることが条件なので、できればドリッパーと同じシリーズのものを買うと良いでしょう。
 
気分が上がる自分の好きなデザインを探しましょう!
 
ちなみに私は下記のKalitaのウェーブシリーズを愛用しています!

www.amazon.co.jp

圧倒的な美しさを持つKINTOのコーヒーサーバー

また、KINTOのコーヒージャグは見た目のシンプルさと美しさからとてもおすすめです!coffeestyle.jp 

最後に

今回はハンドドリップをする際に揃えたいものをまとめました。
 
色んな種類があって迷ってしまいますが、最初は手頃な値段のもので良いです。
 
使っていくうちに「もっとこういうものが欲しい!」という気持ちが出てくると思うので、その際に新しい道具にアップグレードしていきましょう!
 
自宅でハンドドリップを淹れられれば、コーヒーの楽しみは一気に広がります!
 
 
これからも皆さまの人生を豊かにするコーヒー情報を発信していきます!
是非、応援をよろしくお願いします!